読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ速

主に海外サイト翻訳メモ、ネタ長。2ちゃんねる、4channel、はてなブックマーク、YAHOO知恵袋などからネタになりそうなものを集めています

最も救いのない文学作品って何よ?

1: 名無しさん 2014/03/17(月)20:54:50 ID:???
※『夏の葬列』に一票。

 

2: 名無しさん 2014/03/17(月)21:32:33 ID:???

 

3: 名無しさん 2014/03/18(火)10:53:29 ID:???
ナイチンゲールとバラ』
アニメ版: http://www.youtube.com/watch?v=rLxGqIGYL0A


はまだ救いがあるが、
原作: http://marieantoinette.himegimi.jp/gardenniti.html
はマジで救いが全くない。

 

4: 名無しさん 2014/03/21(金)23:54:37 ID:???
こころ

 

5: 名無しさん 2014/03/27(木)15:37:02 ID:???
ゾラの『居酒屋』とか?
死んでるのに誰にも気づかれなかったw

 

6: 名無しさん 2014/03/27(木)19:28:27 ID:???
黒人文学の『アメリカの息子』とかも救いが無い。

 

7: 名無しさん 2014/03/27(木)20:59:10 ID:???
セリーヌの「なしくずしの夜」
主人公が救いようのないバカという点で

スタインバック「怒りの葡萄」社会派

ゾラはそんなの多いね「ゴリオおじさん」に1票

余 華 「兄弟」あまりにも悲惨な中国w

 

8: 名無しさん 2014/03/28(金)11:03:04 ID:???

 

11: 名無しさん 2014/03/29(土)00:59:47 ID:???
>>8
あは、勘違いしてたw
自然派は悲惨なのが多いね
モーパッサンもペーソスなおちがあるけど
話自体は結構悲惨 「女の一生

 

19: 名無しさん 2014/03/30(日)20:17:26 ID:???
>>11
自然派で有名な作品の中で悲惨な最後でないのは
ジャック・ロンドンの『野生の呼び声』ぐらいかな。
作者本人は悲惨な最期だけど。

 

9: 名無しさん 2014/03/28(金)12:12:26 ID:???
アンナ・カレーニナ』も救いがないかな。

 

10: 名無しさん 2014/03/28(金)15:28:28 ID:???
エペペ

 

12: 名無しさん 2014/03/29(土)01:09:00 ID:???
フローベール 「ボヴァリー夫人」
ドストエフスキー 「白痴」

 

13: 名無しさん 2014/03/29(土)01:13:24 ID:???
ポール・ギャリコの白雁は
悲しいけどすごく綺麗な物語
お勧め

 

14: 名無しさん 2014/03/29(土)10:26:05 ID:???
>>13
画像検索はするなよ

 

16: 名無しさん 2014/03/29(土)16:37:50 ID:???
ドストエフスキー『悪霊』はガチで救いが無い

 

20: 名無しさん 2014/04/10(木)15:42:44 ID:???
椿姫

 

21: 名無しさん 2014/04/11(金)17:33:10 ID:???
森?外の「舞姫」もかなりじゃね。

 

22: 名無しさん 2014/04/12(土)03:52:26 ID:???
すごく古いけど
ソフォクレス 「オイディプス王
人類の不幸のてんこもり

 

23: 名無しさん 2014/04/16(水)21:06:59 ID:???
ヘミングウェイの「車輪の下」もそこそこ可哀相

 

24: 名無しさん 2014/04/18(金)13:13:15 ID:???
車輪の下」はヘッセだよ

 

25: 名無しさん 2014/04/18(金)13:19:05 ID:???
ベニスに死す」のアッシェンバッハは絶望的に報いられないが
あれはあれで究極な幸福なのかもしれない

 

26: 名無しさん 2014/04/29(火)10:50:24 ID:???
少女病』かな。

 

27: 名無しさん@おーぷん 2014/05/18(日)12:14:14 ID:???
人魚姫
助けた王子様NTRたあげく海の泡になって消えちゃうって救いがなさ過ぎる

 

28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)12:50:45 ID:???

 

29: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)12:16:36 ID:???
ネビル・シュート「渚にて
終末ものは全部救いないが特にお勧め
一例として、服毒自殺する人物の死ぬ瞬間ですら
どこかに(読み手が)救いを探してしまう
文章力と翻訳がすごいからか、長編だが小学生でも理解出来る読みやすい文体。