読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ速

主に海外サイト翻訳メモ、ネタ長。2ちゃんねる、4channel、はてなブックマーク、YAHOO知恵袋などからネタになりそうなものを集めています

相対的貧困 (Relative poverty) の概念は不要

経済
1: ウナギ警察 2016/08/25(木)18:46:33 id:M31
既存の「所得格差」「収入格差」という用語で充分。
「相対的貧困」という用語自体が、「所得格差を減らすべき」という価値判断を含んでいる。
相対的貧困は経済学用語からは排除して、収入格差などの用語に置き換えるべきである。

 

2: ウナギ警察 2016/08/25(木)18:48:31 id:M31
教育産業の授業料は、賃金水準に比例するだろう。
よって、国民間の収入格差は、教育格差につながる。

なので、行き過ぎた収入格差があれば、それは格差是正の必要があるか、
もしくは、給付奨学金などの充実が必要だろう。

しかし、そのことと、「相対的貧困」 (Relative poverty)の用語の必要性とは別問題である

 

3: ウナギ警察 2016/08/25(木)18:56:21 id:M31
教育などのサービス産業の対価は、人件費に比例する。

さて、もし、そのサービス産業に参入する供給者が増えれば、需給原理によって価格は低下するが、
しかし大学などの高等教育というサービスの場合、原理的に、教育レベルが高いために供給が少ないほどに意義があるので、高等教育の価格が下がりづらい。

専門教育の学費も、大学ほどではないが、
そもそも専門家とは、原理的に専門訓練を受けてない一般人ではサービス供給できないからこそ、専門家の意義があるので、
専門教育も供給が少なくなりやすく、よって専門教育の価格は(普通教育の価格と比べると)下がりづらい。

いっぽう、製造業などの製品の価格は、技術が発展すれば、価格が低下する。
ならば、製造業のノウハウを活かして、高等教育も工業化すれば価格を低下できるのでは?
なるほど、インターネットを用いた教育など、その例か。

 

4: ウナギ警察 2016/08/25(木)19:03:01 id:M31
NHK番組の「貧困」女子高生の報道の問題を、NHKに文句を言うのは、スジ違い。
相対的貧困 (Relative poverty) は、国際的にも普及している用語である。

相対的貧困の概念自体を発明したのは、欧米の誰かさんであり、もし「相対的貧困」に文句をいいたいのなら、
その概念を鵜呑みにしてる欧米人を馬鹿にすべきなのである。

NHK番組の例の女子高生の場合、今のところ、家庭収入が平均並みかそれ以上とは、まったく証明されていない。
よって、低収入という自己申告どおりだとすれば、低収入であることには変わりない。
それを国際的な学術用語で言えば、相対的貧困になるわけだから、
なるほど「貧困女子高生」なわけだ。相対的だがな。

 

21世紀の資本

21世紀の資本

 

 

続きを読む

色々な昆虫を分類していく

昆虫
1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:15:56 ID:9aW
昆虫についての疑問を書いていくスレ、昆虫についての豆知識を書いていくスレ、そしてこのスレを中心に盛り上げていこう!

f:id:plagmaticjam:20161221184312p:plain

2: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:19:23 ID:9aW
まぁ最初は分類のやり方の確認だな

 

3: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:21:55 ID:9aW
界→門→綱→目→科→属→種

 

4: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:25:30 ID:9aW
出来るなら上門とか亜門とか下門とか亜目とか亜科、上科や亜種とか変種や亜綱や下目や小目とか亜属とかも入れていこう

 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:25:56 ID:9aW
これ難しいんだよなぁ

 

6: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:46:55 ID:9aW
まぁまずは代表的な昆虫から
カブトムシ

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:49:29 ID:9aW
まずは
動物界
節足動物
昆虫綱
甲虫目
までは分かるんだけど
コガネムシ科だっけ?
やばい全然分からん調べよう
続きを読む

日本語は日本の中だけで起源が完結することを証明する

日本文学 日本語
1: 大流浪の半コテ禰 2016/04/21(木)07:45:18 id:ZXl
魏志倭人伝を解読していたら日本語の起源に関する重大事実を発見したので検証を願います

◇仮説◇
大和言葉の多くは互いに子音の調音点を同じくする関連語によって繋がっている
・それらをさかのぼっていくと単純な意味を持つ単純な1音節語にたどり着く
大和言葉の頭母音はわりかしフリーダムに取れたりくっついたりする
・発生初期の日本語では名詞と動詞は接尾辞-iの付け外しにより相互に自由に行き来し、名詞の語末には潜在性の-rがあった
・多音節であるにも関わらず非常に重要となった名詞は約縮して1音節になることがある
・ほとんどの大和言葉は日本列島の住民の手によって発明された
・それどころか縄文時代の日本語がアイヌ語朝鮮語ツングース語、オーストロネシア語、漢語といった周囲の言語へ借用されている

↓前スレのようなもの
言語学上の大発見をしたっぽい。自信ニキいたら検証もとむ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1461166905/

邪馬台国の場所つきとめたったけどなんか質問ある?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1458744935/

↓思いついたことを書いとくためのブログ
http://yamado.seesaa.net/

f:id:plagmaticjam:20161220155001p:plain

16: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)08:40:22 id:ijS
>>1
その7つの仮説の上6つはまだよく理解できてないけど
7番目の
>・それどころか縄文時代の日本語がアイヌ語朝鮮語ツングース語、オーストロネシア語、漢語といった周囲の言語へ借用されている
これはどう見たって方向が間違ってるやろ

 

18: 大流浪の半コテ禰 2016/04/21(木)12:31:14 id:ZXl
>>16
日本列島はこの地球上で一番早く人類が定住生活を始めた場所
だから一番早く大勢の人間の間で共有される言語が生じた

それまでの人類の話していた言葉は仲間内でしか通じない
語順も決まっていない様な、厳密な意味では言語とは言えない
イルカやカラスの鳴き声と大して変わらない状態だった


http://cruel.org/diamond/whoarethejapanese.html

 記録破りの日本土器がかくも衝撃だったのは、島の住民が本土から学ぶはずだという偏見のせいだけではない。
これに加えて、初の日本土器制作者たちは明らかに狩猟採集民で、これまた確立した見方に違反するものだったのだ。ほとんどの場合、土器は定住社会に属する。
遊牧民があれこれ重たい土器を抱えてうろつきたいはずもない。それ以外に、武器や赤ん坊を宿営地移動のたびに抱えてまわることになるのだから。
狩猟採集民は、通常は土器を持たない。世界の他の地域では、定住者界は農業の採用以後にしか生じなかったからだ。
でも日本の環境は生産的すぎたので、人々は狩猟採集民として暮らしつつも、定住して土器を作れた。
土器のおかげで、日本の狩猟採集民たちは環境が与えてくれる豊かな食料源を、集約農業が日本に伝わる一万年も前から活用できるようになった。
これに対し、肥沃な三日月地帯で土器が生まれたのは、農業採用の千年ほど後のことだった。

 縄文人は、狩猟採集民としては史上最高クラスの人口密度で暮らしていた。特にナッツの豊かな森林、鮭の季節、生産性の高い海のある中央日本と北部日本ではそれが顕著だった。
縄文時代の日本の人口は最高25万人 ̄ ̄もちろん現代日本と比べればわずかだが、狩猟採集民としては相当な数だ。
現代でこれに比肩する規模といえば、太平洋北西岸やカリフォルニアのアメリカインディアンくらいだ。
かれらも同様にナッツの豊かな森林、鮭の季節、生産性の高い海を持っている ̄ ̄人間社会の収束進化の事例としては見事なものだ。

>>17
どうせ固定ハンドルでないのでねでもでいでもおすきなように

 

2: 大流浪の半コテ禰 2016/04/21(木)07:47:33 id:ZXl
これまで判明した大和言葉の系譜

野(ノ): 狩場となる原野
├庭(ニハ): 家屋のない土地の部分
├菜(ナ): 刈り集めてきた食物
│├七(ナナ): 数多くある
│├生り(ナリ): 作物の生育
││├成り(ナリ): 成長・成立
│││└名(ナ): その物の素性、その人の人となり
│││ ├音(ネ): 名を名乗る声
│││ │├鳴き(ナキ): 声を出す
│││ ││└戦慄き(ワナナキ): 音が震える
│││ ││ └慄き(ヲノノキ): 体が震える
│││ │└鳴り(ナリ): 音が出る
│││ │ ├唸り(ウナリ): 低く鈍い音を出す
│││ │ └宣り(ノリ): 口に出して言う
│││ │  ├罵り(ノリ): 悪口を言う
│││ │  └祈り(イノリ): 祈願の言葉を言う
│││ └名乗り(ナノリ): 名前を言う
││├生れ(ナレ): 作物の生育
│││└熟れ(ナレ): 作物の熟成
│││ └慣れ(ナレ): 物事に対する熟練
││└生し(ナシ): 子を生む
││ ├為し(ナシ): 何かをする
││ │└見做し(ミナシ): 何かに認定する
││ └成し(ナシ): そのような状態である
│├苗(ナヘ): 植物の幼体
││└伸び(ノビ): 植物が成長して長くなる
││ ├縄(ナハ): 植物の繊維を編んで作った長いもの
││ │└綯へ(ナヘ): 縄を作る
││ ├延べ(ノベ): 金属を叩いて長くする
││ ├昇り(ノボリ): 煙が長く伸びる
││ │├登り(ノボリ): 高い場所へ行く
││ │└幟(ノボリ): 長い竿の上に布をつけたもの
││ └伸ばし(ノバシ): 長くする
│├鍋(ナベ): 食物を調理する入れ物
│├根(ネ): 植物が地面から生えている部分
│├荷(ニ): 収穫して集めたもの
││└寝(ネ): 地べたに置かれている
│└稲(イナ): 駆り集めた作物
│ ├稲(イネ): 収穫する米
│ ├糸(イト): 植物の繊維
続きを読む